法人のお客様へ

今こそEオイラーの出番

 物流や配送業務を担う事業者にとって燃料油の価格動向は、その変動が経営上の数値に直接大きな影響を与えるだけに目が離せません。ただ、原油価格は単に需給関係だけで決まるわけではなく、世界の景気動向や経済状態、宗教や民族の違いによる国家や地域間の紛争・対立などさまざまな不確定要因に振り回されているのが実情です。

 ここ数年来、原油価格が高止まりしていることから、営業経費に占める燃料費の増加は事業上の大きな問題となっています。さらに、14年4月1日から消費税率の引き上げに合わせて段階的に引き上げられている地球温暖化対策税(環境税)も上がる「ダブル増税」となり、1リットル当たり約5円値上げされています。

 燃料費の高騰によって事業環境がますます厳しくなっている今こそ、燃料費を削減する切り札としてEオイラーの導入をご提案します。Eオイラーはすでに2600台を越える車両に導入されていますが、その効果は燃料費の削減だけにとどまりません。

その他の効果
  1. Eオイラーにより活性化された燃料は、エンジンの中でより早く完全燃焼するため、炭化水素(HC)や一酸化炭素(CO)など有毒排気ガスの排出が激減します。エンジン内部は燃焼時に発生する汚れが着きにくくなるため、エンジンオイルは驚くほど長持ちしマフラーの汚れも少しずつキレイになっていきます。
    Eオイラーの燃料削減効果によって燃料消費量が少なくなるため、排出される二酸化炭素(CO)の量も比例して少なくなります。EオイラーはCOを削減して地球環境の改善に貢献します。
  2. いま、あなたの会社のドライバーはどんな運転をしていますか。

    1. ゆったりと安全運転をしている
    2. 時間を守るため、たまに急ぐこともある
    3. 渋滞が多いため、走れるときは早く走行して目的地へ急ぐ
    4. 早く帰って仕事に区切りをつけるため、できるだけ急ぐ

     01の運転が燃費に良いことは誰でもわかりますが、配達時間の関係で実行するのは難しいことです。ただ、01から04にかけて燃費が悪くなるだけでなく事故率も増加します。

     Eオイラーを装着した車は、エンジン音が小さくなり振動も少なくなります。快適な車内環境を作ってドライバーのストレスの緩和に役立ちます。また、スムーズな加速感が得られるためドライバーにゆとり感を与えてくれます。リラックスしてゆとりを持った運転は、事故率を下げる最良の方法です。

抜群の費用対効果

 Eオイラーを導入したとくしま生協様は14ヶ月間、おおさかパルコープ様は16ケ月間と短期間で初期費用を回収することができますから、費用対効果として大変優れています。Eオイラーの効果は半永久的に持続することから、初期費用の回収が終了するとその後長期間に渡って燃料費削減効果が継続します。

また、燃費の向上は同時に二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながり、経費の面だけでなく対外的には温暖化防止や環境保護に貢献する取り組みを積極的に進めていることをアピールすることができます。

すでに2,658台の車両に導入されているEオイラーについてもっと詳しく知りたい、見積もりが欲しいなどのご要望がございましたら、お気軽に下記フォームよりお問い合わせ下さい。必ず24時間以内にメールまたはお電話にて返信いたします。

お問い合せ・お見積りはこちら

ページトップへ